すみだ水族館(各種小水槽コーナ)情報

※その他墨田区情報
http://www.spotlog.info/archives/50744387.html
※その他すみだ水族館情報
http://www.spotlog.info/archives/50771861.html
場所
東京都墨田区Googleマップの地図

行き方
東武伊勢崎線業平橋駅
または
東武伊勢崎線、都営浅草線、東京メトロ半蔵門線
京成押上線押上駅下車。下車後徒歩5分程。

交通の便
業平橋駅
東武伊勢崎線は10分に1本電車があり。

押上駅
東武伊勢崎線は平均10分に1本
都営浅草線は平均5分に1本
東京メトロ半蔵門線は平均5分に1本
京成押上線は平均5.4分に1本電車があり。

簡単な感想
すみだ水族館内は入り口から海を思わせる青々とした色遣いな通路となっており96586976.jpg

入り口から雰囲気作りに力を入れているなぁと感じました。
088a9e15.jpg

その後先へと進み、水のきらめき自然水景と呼ばれるコーナーでは
1857ba9f.jpg

沢山の水草が中心に展示されたコーナがありました。
f70aff82.jpg


8ba7a1bb.jpg


be654c26.jpg

※一部の展示物は小さな水槽を一纏めに集めて展示されています。
1602bbfe.jpg


7bb359a4.jpg

すみだ水族館の始まりのコーナーにしては地味な印象が拭えませんが
水の中の酸素を供給する水草の存在をアピールする水族館は他に無いと思うので
ある意味新鮮な展示コーナーだなぁと感じました。
15af304b.jpg

その後暫くの間水草コーナーを見学した後は
0a888821.jpg

jelly-fishと呼ばれるクラゲのコーナーへと進みます。
83669daf.jpg

クラゲといえば透明でふわふわと海中を漂う、そこそこ大きい生物というイメージがありますが
60158c46.jpg

クラゲはプランクトンの一種で、世界で一番大きいプランクトンと言われています。

※プランクトン=小さい生物という意味ではなく、水面や水中を漂って
生活を行う生物の総称の事だそうです。
e051dc6c.jpg

クラゲはプランクトンである事から、水中を漂わせるべく水槽には適度な水流があり
小さなクラゲのコーナーでは、クラゲ達が水流の中で漂っている光景が見学出来ます。
3591a9cf.jpg

クラゲの種類によってはプランクトンの特徴を捨てて、自発的に活動をする種類もあり
7dea6d32.jpg

丸型のカラージェリー等は、魚類等の様なノクトンの如く、水槽内で自由移動を行こなっていました。
380ac2d2.jpg

※クラゲの水槽はかなり手がかかるようで、家庭で長くクラゲを育てるのは難しいのかも知れません。
ccdae51e.jpg

クラゲはプランクトンという事で、幼体から次第に大型個体を展示した水槽があり
その水槽の中にはクラゲがしっかりと水中を漂える様にしっかりと水流が巻き起こっていました。

※以下暫くの間写真を中心にお届けします。
f4b3ae37.jpg


e16914c6.jpg


58de9c1e.jpg


a641688b.jpg


5cc0a4d3.jpg


42cae2fe.jpg

※クラゲの種類によっては、イソギンチャクの様に固定して生存する種類も居るようです。
ca73b978.jpg

クラゲコーナは手がかかるのか?クラゲコーナの裏手のラボにはスタッフが常駐していました。
1ee4d739.jpg

クラゲコーナ見学後は、小さな水槽が並んだフロアへと移動し
954a4679.jpg

小さな水槽の中にはカワハギや
50f9a0d0.jpg

実は針が千本無く、300本程しかないハリセンボンや
ba92d55f.jpg

今流行の育児に積極的に酸化する父親の事をイクメンと呼びますが
イクメンと言う言葉が流行るまでからイクメンだったタツノオトシゴが展示されています。
e470931c.jpg

タツノオトシゴの水槽はかなり暗く、あまり良く写真では確認できない所が悲しい所です。
8446fb07.jpg

クラゲコーナはでもないのにクラゲが泳ぐ水槽があったので激写し
2c88e8e5.jpg

その後海の中の岩場を切り取ったかの様な水槽と
050bd5b6.jpg

巨大なオオムガイ(貝と言ってもタコの仲間らしい)
11f6f99c.jpg

巨大で水槽内で隠れきれていないタコが居る水槽を見学し
23223972.jpg

その後は、派手な色味な海老の住む水槽を見学します。
96e7353e.jpg

※茶色っぽい海老は美味しそうですが、黄色や赤色の海老は美味しそうに見えないのは気のせいでしょうか?
e3a4d059.jpg

その後は川崎の工業地帯に設営されたDASH海岸を模したジオラマが展示され
548c1e42.jpg

模型以外にもDASH海岸で住んでいそうな生物が展示された水槽があり
500af7b8.jpg

水槽の中には小さなハゼのような魚や
9dd0d352.jpg

海老等が生育展示されていました。
3625f483.jpg

その後東京大水槽を横切って次の小水槽のコーナーへと移動すると
1cfb0d3d.jpg

そこには沢山の小魚達が泳ぐ水槽が設置されていました。
bb0fcfd4.jpg

小さな魚が沢山泳ぐ水槽内にはサンゴが設置され
0fb50ab1.jpg

東京大水槽と同様に亜熱帯の海を再現しているコーナーなのかな?と感じました。
0ff8f989.jpg

しばらくの間、小魚たちが泳ぐ水槽を見学した後は
32899bd7.jpg

砂場から顔を出す、チンアナゴのコーナーへと進みます。
463a6689.jpg

殆どのチンアナゴは、砂場から顔を出すだけで動きがあまりありませんでしたが
226f24f7.jpg

個体によっては海蛇のようにウネウネと海の中を泳いでいました。
550f59c2.jpg

チンアナゴの水槽には、縦に泳ぐ事が特徴のヘコアユも一緒に暮らしています。

※ヘコアユは縦泳ぎ以外にも横泳ぎも出来るようです。
e53be90c.jpg

水槽から奥にある水槽を眺めた写真を激写し
10c10493.jpg

チンアナゴとヘコアユが両方同時に泳ぐ写真を撮影後は
c3ff1453.jpg

水槽の底に佇むネコザメ等のサメ達を激写し、その後は様々な魚の撮影を楽しみました。
01239129.jpg

※しばしの間写真を中心にお届けします。
6f341537.jpg


a8b679b9.jpg


bc02f4d1.jpg


e7591c66.jpg


70dbf1f9.jpg


5cad0aff.jpg


395ba7d5.jpg


6a555154.jpg


955ee57f.jpg


50118436.jpg


083ef409.jpg


2072e6b6.jpg

その後細い順路を下って先へと進んでいくと
feee2574.jpg

かなり目付きの悪いウミガメが水槽の中を泳いでいるのを激写し
a98bed04.jpg

その後大水槽を下から覗けるコーナへと移動しました。
cb9531f9.jpg

※その後見学を行った東京大水槽コーナーの感想記事
http://www.spotlog.info/archives/50771854.html

お勧め度
5段階評価で4