スポーツランドSUGOモトクロス場(国際A級ライセンスホルダーが走るIA1決勝ヒート2の様子)情報

_DSC2329


※その他村田町情報
http://www.spotlog.info/archives/murata-town.html

スポーツランドSUGO(モトクロスエリア)まとめ
http://www.spotlog.info/archives/sportland-sugo-motocross-area.html
場所
宮城県柴田郡村田町Googleマップの地図

行き方
村田町内で停車する鉄道駅はなし。
町内へは宮城交通村田川崎・遠刈田‐仙台【蔵王町経由】でアクセス可能。

交通の便
村田町内には宮城交通村田川崎・遠刈田‐仙台【蔵王町経由】は、1日に往復12本バス便があり。

レース中は仙台駅よりスポーツランドSUGOまでの臨時バスも運行されるケースがあります。

参照URL
http://sportsland-sugo.co.jp/watch/20161023_mfj-gp/402

簡単な感想
※写真数が多くなるので見どころごとにサイト内ショートカットリンクを作成しました。

1.ブラボースタンド

2.大坂スタンド奥

3.ピットコーナー付近

4.大坂スタンド下

5.大坂スタンド

6.観客席付近

7.スタンド付近




1.ブラボースタンド

まずはヤマハの中の人のオススメ観戦場所のブラボースタンドでレースを観戦。
_DSC2100
正面ではでかでかとバイクがジャンプする姿が楽しめ
_DSC2188
奥では急なコーナーを曲がるバイクの姿が楽しめる位置でした。
_DSC2193
ブラボースタンドの見どころは、手前側や奥側でのジャンプ! で、特に目の前で見えることもあって臨場感たっぷり! 
_DSC2196

_DSC2198

_DSC2199
他のエリアでは中々楽しめないという意味で、ヤマハの中の人が観戦場所としておすすめする理由も頷けます。
_DSC2203





2.大坂スタンド奥

その後は大坂スタンドを少し奥に進んだところへと移動。こちらでは大坂スタンドを登りきったバイクがゆるい坂を駆け登る姿を楽しむことが出来ます。
_DSC2232
大坂スタンド奥エリアの特徴は観客が比較的少なく見やすいことに加えて
_DSC2233
スピードが出しにくいので団子状態になりやすく、一度に何人ものライダーの姿を写真に収めることも可能です。
_DSC2234

_DSC2235

_DSC2236

_DSC2237

_DSC2238
その分動きが少ない点が難点ですが、落ち着いてレースを観戦したい場合にはオススメな場所です。




3.ピットコーナー付近

観客席エリア近くには専用のパスが必要なエリアがありますが
_DSC2265
ちょうどここは長いストレートコースとなっており
_DSC2266
勢い良く走るバイクの姿を見ることが出来ます。
_DSC2271
長いストレートなので、チェイスし合うシーンも見られる一方で
_DSC2274

_DSC2277
ストレートコースを曲がった先にはコブが設けられており
_DSC2283
勢い良くジャンプするバイクの姿もしっかりと楽しめます。
_DSC2284

_DSC2285

_DSC2286
位置の都合で、ジャンプする際には背面しか見えませんが、こちらも中々面白い場所です。




4.大坂スタンド下

観客席エリアと、大坂スタンド奥のエリアとを結ぶトンネルがコースに設置されていますが、そのトンネルを伝って歩いていくと大坂スタンドの直上へと向かうことが出来ますが、手前の大坂スタンド下も中々観戦場所としてオススメ。
_DSC2313
坂を下っていく関係もあって、勢い良くバイクがコースを走る姿を楽しめます。
_DSC2314


_DSC2315


_DSC2316
コース上にコブもあるものの、すぐにコーナに差し掛かるので、バウンド度合いは少なめです。
_DSC2317
反対側を見ると、今度は上から緩やかな坂を下るコースを発見! 
_DSC2319
こちらは目の前にバイクが向かっていくようにコーナーを曲がるようなデザインのコースのため
_DSC2320
柵の近くでレースを見ていると砂埃が体全体にかかってくるエリアですが
_DSC2323
その分オフロードコースを見ている感満点! 
_DSC2326
すぐ近くがコーナーなのでスピードを弱める関係で、勢い良く走る姿を動画に収めたい方はもちろんのこと
_DSC2329
AF遅めで連射も鈍いカメラで撮影してもしっかりとカメラが食いつく意味で、撮影スポットとしては最高です! 
_DSC2332







5.大坂スタンド

続いては坂を登った先の大坂スタンド側へと移動! 
_DSC2346
バイクはコース下から勢いをつけて坂を登っていきます。
_DSC2351
こうして上から下を見ると、絶壁をバイクで駆け上がっていくような雰囲気でしたが
_DSC2352
このレースは当然ながら走る選手はプロしかいないので、坂途中で止まることはなく
_DSC2354
勢い良く坂を登っていく姿を楽しむことが出来ます。
_DSC2341
観戦場所までの道のりが急なので、山を登るような良い靴が必要ですが、こちらも中々オススメです。
_DSC2344
大坂スタンドの様子については動画でも収めました。










6.観客席付近

続いては観客席エリアへと移動。
_DSC2374
こちらではコーナーを曲がる様子を目の前でバッチリ楽しめるほか
_DSC2376
先ほどピットコーナー付近で見たようなジャンプする様子も楽しめます。
_DSC2379

_DSC2380

_DSC2383
砂かぶりゾーンであるので、ピットコーナー付近で見るよりも臨場感たっぷり! ほとんど見える風景は変わらないので、好みに合わせてどちらを選ぶか考えてみることをオススメします。
_DSC2385








7.スタンド付近

今回はスタンド側からスタートする姿を見ていなかったので、ゴール前のタイミングでスタンドへと戻り
_DSC2397
続々とレースを終えてゴールする様を激写! 
_DSC2398
ゴール後はスタート位置に戻るわけですが、ライダーと観客がハイタッチ出来るコーナーが設けられていました。
_DSC2403

_DSC2407

_DSC2408

_DSC2412
ハイタッチしている姿を見ると、どちらかと言えばコース側で手を出している人のほうがタッチに成功しているように感じます。
_DSC2415
その後、表彰台のシーンへと移動! 
_DSC2439
残念ながら今回我々を招聘してくださったヤマハは2位で、1位はホンダ(3位はスズキ)でした。
_DSC2440
勝利の美酒的な形でシャンパンプレイが行われ
_DSC2441
チャンピオンのヒーローインタビュー。そして最後の帽子投げでレースの幕が閉じました。
_DSC2444
レース全体を通してスピード感のある姿はなかなか面白かったのですが、整地コースではなく不整地コースな分、ストレートのスピードがどうしても緩めになるので、AFが遅めで連射数も少ないカメラでも決定的瞬間を撮影しやすいのが印象に残りました。

コンパクトデジカメ、ミラーレスカメラにも優しいという意味で、レース自体にそれほど興味がなくても、撮影を楽しむ目的でもしっかりと楽しめるイベントだったように感じます。

公式サイト
https://www.sportsland-sugo.co.jp/

お勧め度
5段階評価で5