スポーツランドSUGO(コントロールタワー)情報

_DSC1771


※その他村田町情報
http://www.spotlog.info/archives/murata-town.html

スポーツランドSUGO(サーキットエリア)まとめページ
http://www.spotlog.info/archives/sportland-sugo-circuit-area.html
場所
宮城県柴田郡村田町Googleマップの地図

行き方
村田町内で停車する鉄道駅はなし。
町内へは宮城交通村田川崎・遠刈田‐仙台【蔵王町経由】でアクセス可能。

交通の便
村田町内には宮城交通村田川崎・遠刈田‐仙台【蔵王町経由】は、1日に往復12本バス便があり。

レース中は仙台駅よりスポーツランドSUGOまでの臨時バスも運行されるケースがあります。

参照URL
http://sportsland-sugo.co.jp/watch/20161023_mfj-gp/402

簡単な感想

先日ヤマハの招待でスポーツランドSUGOへ行ってきた際に、サーキットエリアにあるコントロールタワーを見学する機会があったのでその時の様子をまとめたいと思います。
_DSC1771
コントロールタワーは1Fは役員室&事務局、2FがVIPルーム、3Fが管制室、4Fが計時室、大会審査委員室、最後に屋上があります。
_DSC1772
まずは2FのVIPルームから見学をはじめます。
_DSC1773
VIPルームは大変広く、今回20名ほどのブロガーの方々が中に全員入っても、まだまだ余裕があるくらいに広々としています。
_DSC1775
窓からはサーキットエリアで走るライダーの方々の姿が見学が可能で、コース手前がピットコーナー
_DSC1776
奥側がサーキットエリアで、この日はビュンビュン数々のバイクが速さを競っていました。
_DSC1780
スポーツランドSUGOの方がVIPルームについて話をしている最中も
_DSC1781
コース内ではデッドヒートを繰り広げており
_DSC1786
手に汗握る展開をしばし見ながら過ごしたあとは
_DSC1799
3F管制室へと移動します。
_DSC1814
管制室はコース上のレースの様子を逐次確認するための施設で
_DSC1818
以前はアナログのカメラを使っていたそうですが、今日ではデジタル対応もしっかりと果たしております。
_DSC1824
続いては4F計時室へと移動。
_DSC1828
計時室では部屋の名前の通り、バイクがコーナーを回った時間を計測するための部屋で
_DSC1830
室内からは当然ながらコースが目視できるようになっており
_DSC1831
窓際にはカメラや計測機器が設置されています。
_DSC1834
室内で設置されたカメラで判別できるのは1/1000秒までとのこと。カメラで判別できない場合には、場合によっては定規を使って計るなど、アナログ的な計測も行いながら勝敗を決定づけるようです。
_DSC1840
なお、レースを行う際には発信機がバイクに設置されるようで、この電波を通じてラップタイムなどを計測することができるそうです。
_DSC1842
なお、ラップタイムについては紙に印字して即座に出力することも可能です。
_DSC1850
最後は屋上へと移動。
_DSC1852
屋上は遮るものが何もないので大変開放的で
_DSC1855
レースの様子はもちろんのこと、エンジン音もハッキリと聞こえ
_DSC1856
臨場感溢れる形での見学が可能です。
_DSC1861
なお、コントロールタワー正面の客席は色を組み替えることでSUGOの文字と、サーキットの形状がわかるようなデコレーションを施しているのが印象に残りました。
_DSC1864
コースから回れ右すると、萩の月のしたの液晶画面には順位が表示されていました。
_DSC1866
しばらく開放的な雰囲気の中でコースを見学し
_DSC1868
ピットに入るバイクの姿や
_DSC1880
チェイスし合うバイクの姿をしっかりとカメラに収め、コントロールタワーを後にしました。
_DSC1882


動画でもコースを走るバイクの様子を収めました。





公式サイト
https://www.sportsland-sugo.co.jp/

お勧め度
5段階評価で5