染井霊園情報

※その他豊島区情報
http://www.spotlog.info/archives/50709150.html
場所
東京都豊島区Googleマップの地図

行き方
JR山手線・都営三田線巣鴨駅下車。
下車後徒歩15分ほど。

交通の便
JR路線
山手線は平均4分に1本電車があり。

都営地下鉄
都営三田線は平均6分に1本電車があり。

簡単な感想
巣鴨地蔵通り商店街の見学を楽しんだ後は、智恵子抄を生み出した高村光太郎・智恵子両氏や
f1325827.jpg

後に芥川賞を生む事になるきっかけを作った芥川龍之介が眠る染井霊園へと移動します。
e6c91197.jpg

染井霊園は以前多摩地区の名水遊戯を行った時に見学をした小平霊園よりは狭い物の
ba13ef25.jpg

歩道も広く歩きやすく綺麗に整備されており、好感触です。
449c676d.jpg

暫くの間、綺麗に整備された歩道を歩いて行くと
4213acd9.jpg

高村光太郎・智恵子夫妻が眠る墓の案内図があったので移動してみると
f1a7068a.jpg

さすが偉人夫妻の眠る墓とあって、大変立派な姿をしていました。
2caec058.jpg

そのすぐ近くには、思想家、芸術家として知られる、岡倉天心の墓があり
e79516c9.jpg

その他、名前は存じませんが、この付近には立派な墓が多く建っていました。

※以下暫くの間写真を中心にお届けします。
a3deb3c8.jpg


74575012.jpg


840b8290.jpg

※あの徳川家の墓も染井霊園にあるようです。
f2494928.jpg


22a1a33c.jpg

墓を見学しながらしばらく移動すると、染井霊園の何処に偉人が眠っているかを記した地図があり
くたばって死ねをもじった名を付けた小説家の二葉亭四迷もここに眠っている様です。
9277fadd.jpg

その後染井霊園のすぐ近くにある慈眼寺に移動し
20db2917.jpg

慈眼寺の墓地内の案内看板を見ながら移動し
fe73afa4.jpg

後の芥川賞の生むきっかけとなった、芥川龍之介の墓を見学しました。
c51f3c12.jpg

染井霊園と慈眼寺の偉人たちの墓を見学した後は、都電荒川線の新庚申塚駅へと移動し
その後都電荒川線で都電荒川線の車庫がある荒川車庫前へと移動します。

お勧め度
5段階評価で4