日豊本線からの車窓(宮崎駅から延岡駅まで)情報

※その他宮崎市情報
http://www.spotlog.info/archives/50287015.html
※その他延岡市情報
http://www.spotlog.info/archives/50665009.html
場所
宮崎県複数地域Googleマップの地図

行き方
日豊本線各種特急列車停車駅より乗車。

交通の便

例として宮崎駅は
日豊本線は延岡方面へは1時間に1~4本
鹿児島中央方面へは1時間に1~6本汽車及び電車があり。
※鹿児島中央方面は日豊本線経由志布志方面へ向かう日南線も含む

延岡駅は
大分方面は6・20・21・22・23を除いて1時間に1から2本
宮崎方面は1時間に1から3本電車があり。

簡単な感想

1.宮崎駅から延岡駅へ

今回乗車した日豊本線の区間は宮崎駅から延岡駅までの区間で
夕方暗くなる前の時間に乗車した事もあって車内は程々に混んでいました。
f629c3c2.jpg

佐土原付近の海岸を通りすぎて暫くすると外は暗くなり
17ad31dd.jpg

宮崎駅から1時間少々で延岡駅に到着しました。
ac8de8bd.jpg



2.延岡駅から南宮崎駅へ

寒かった高千穂町とは違い、延岡まで来ると日は高くなって暖かく
上着を脱いでしまっても差し支えないくらいにぽかぽか陽気でした。
7e22add6.jpg

延岡駅構内の周遊指定地の看板には、日豊海岸国定公園と咲くほど見学をした高千穂峡があり
延岡市からもお墨付きをいただく観光地でもあります。
2604e9c1.jpg

その後延岡行の電車がホームに入線してきたので一枚写真を撮影後
30cca510.jpg

この日の延岡駅改札前ホームの様子と、奥のホームに建てられた延岡駅の駅表示看板を撮影後
ec1d6a73.jpg

e166280d.jpg

宮崎方面へと向かう電車に乗り込んで一路南宮崎駅を目指します
8ff0dab2.jpg

まずは延岡駅近くを流れる、大瀬川と五ヶ瀬川を横切り
5dd3b1a3.jpg

しばらく進むと田畑が広がる風景と共に、リニアモータカー実験線の横を通過します。
0052eb4f.jpg

その後は綺麗な海と海岸が広がる日向灘を横目に爆走し
3e29f297.jpg

再び田畑が広がる田園地帯を爆走してしばらくすると南宮崎駅に到着です。
a3a27543.jpg

短い期間の間に夜と昼の時間に日豊本線を利用しましたが、海岸線を通る路線の場合
良い車窓を見ることが出来る昼の時間に乗るのがおすすめと感じました。

お勧め度
5段階評価で3