獅子ケ鼻湿原(奇木) 情報

※その他にかほ市情報
http://www.spotlog.info/archives/50757471.html
※その他獅子ケ鼻湿原情報
http://www.spotlog.info/archives/50273146.html
場所
秋田県にかほ市Googleマップの地図

行き方
JR羽越本線象潟駅下車。
下車後車で20分~30分。

交通の便
新津方面へは7,11,12,14,15,20時代
秋田方面へは9,12,14,17,20時代を除き
1時間に1本電車があり(たまに2本あり)

簡単な感想
獅子ケ鼻湿原の出壺を見学をする為、しばし山道を歩いていると
途中、あがりこ大王と獅子ケ鼻湿原への分かれ道があり
あがりこ大王がどういう物かが気になり
出壺を見学する前に、あがりこ大王を見に行く事にしました。
f66352de.jpg

あがりこ大王方面へと進んでいくと
燭台と書かれた、ブナの奇木があり
近くで見ると、洋風の蝋燭台の上に
蝋燭を刺したような姿の木がありました
e19f141f.jpg

その後、炭窯跡をいくつか通過し
3113f59e.jpg

一番奥に、森の巨人たち百選に選ばれた巨木
あがりこ大王があります。
fe6542bd.jpg

あがりこ大王の名前の由来は
幹があがった所で、子に分かれている形から名前が付いたそうで
見れば見るほど奇妙な形の木だなと思いました。

このあたりに奇木が多い理由は
積雪が多く、木の形がゆがんでしまう為という説もありますが
あがりこ大王の手前にある、炭焼き釜で切ったブナの木を炭にする際に
何本か残して切った事が理由で、奇形ブナとなった説が有力のようです。
92d8e844.jpg

しばらくあがりこ大王を見学した後は
再び、名水を求めて来た道を一度戻ります。
deea29c3.jpg


帰る道すがら、面白い形をしたブナの木を
幾つか撮影してきました。
9330208f.jpg

64668c11.jpg

142af895.jpg

↑の木などは、まるで何かの動物の頭のように感じます。


お勧め度
5段階評価で4